CANVAS

CORPORATE企業情報

MEMBERメンバー

藤井 寛幸

CEO | 作業療法士藤井 寛幸

○(株)Community Care リハビリテーション部 部長(〜2021.3)
○島根県リハビリテーション専門職協議会 会長(2020〜)
○(一社)島根県作業療法士会 理事(2018〜)
 地域支援事業委員会 委員長(2019〜)
○CRファクトリーコミュニティマネジメント認定インストラクター(2020〜)

作業療法士免許取得後、回復期リハビリテーション病院で5年間臨床業務に従事する。暮らしに寄り添ったリハビリテーションの可能性を広げるため、リハビリテーション部門開設の責任者として株式会社Community Careへ入社する。小規模多機能自治”地域自主組織”と連携し健康長寿推進事業、阿用地区健康調査事業(島根大学や地元企業と連携)などの予防医療に特化したプロジェクトなど専門性を活かしたまちづくりの活動を展開していった。
 2018年には地域自主組織、島根リハビリテーション学院と連携し「地域のつながり」を活かした日本初の地域課題解決型授業CBRプロジェクト(Community-Based Rehabilitation)を手がけ、後進の育成にも力を入れている。
 また雲南市スペシャルチャレンジ事業としてスペチャレ・ホープ(起業・創業)に地域づくりの実践「暮らしのリハ室」が採択され、地域自主組織やリハビリテーション専門職らと連携し、腰痛・ひざ痛などの社会課題解決型事業に取り組む。その中で企業で働く方々の身体のケアに関する課題にも直面し、企業と連携したモデルも併せて構築する。それらの取り組みが作業療法士として初めての健康経営サービスづくりとして山陰の各メディア、経済誌「山陰経済ウィークリー」に掲載される。

元廣 惇

COO | 認定作業療法士元廣 惇

○島根リハビリテーション学院 作業療法学科 学科長(〜2021.3)
○島根県作業療法士会 理事 (2018〜)
○島根県雲南圏域医療介護連携調整検討委員会 委員(2020〜)
○島根大学大学院 医学系研究科 博士(医学)課程 D4(地域医療教育学講座在籍)
○CoHRE(The Center for Community-based Healthcare Research and Education)共同研究者 他

作業療法士免許を取得後、超急性期~生活期病院にて幅広い疾患領域に対する臨床業務に7年間従事する。その間、全国規模の研究会の県代表、山陰での学術団体立ち上げ、全国での講演・講師活動等の指導的立場を経験する。28歳で島根リハビリテーション学院作業療法学科専任教員に就任し、在籍教員最年少30歳で学科長の任命を受ける。行政、博報堂、山陰合同銀行、島根大学などの各機関、企業、団体との産官学連携事業(製品開発・産業ブランディング・ヘルスツーリズムなど)のプロジェクトマネジメントや日本初の多職種連携課題解決型科目である「CBRプロジェクト」を立ち上げ、島根県をフィールドに展開する。
 研究歴として、心理学研究や教育学研究を経て、現在は島根大学CoHRE・ルンド大学(スウェーデン)等と連携しながらGIS(Geographic Information System:地理情報システム)を用いた公衆衛生研究に従事している。論文、学会発表計60回以上。主な受賞歴として伝統産業品とリハビリテーションの価値を掛け合わせた産業再生プロトタイプ開発プロジェクト(地域創生加速化交付金対象事業)による「Tokyo Design Week Award 2016」がある。その他講演・メディア掲載計70回以上。

足野 正洋

CFO | 認定理学療法士足野 正洋

〇出雲市民リハビリテーション病院リハビリテーション室 専門職主任(~2021.7)
〇L:time 代表(2021.7~)
〇日本理学療法士協会 認定理学療法士(脳卒中)
〇3級ファイナンシャル・プランニング技能士
〇日本証券業協会 二種外務員

理学療法士免許取得後、回復期リハビリテーション病院にて整形外科疾患、脳血管 疾患等のリハビリテーションに11年間従事する。2016 年に脳卒中分野の認定理学療法士となり、臨床業務に従事する傍ら、島根県内の理学療法士等への講演活動や養成校の非常勤講師として後進育成にも貢献する。前職において、2016年からは専門職リーダー、2020年からは専門職主任として約60名の療法士のマネジメントを担い、人材育成や新規事業開発に従事する。 その中で、突然の怪我や病気により日常生活に支障が出た方々の声を聴き、「時間」の大切さを痛感する。リハビリテーションとは「時間を増やすこと」という考えに至りリハビリテーションサービスを提供すると同時に、「時間を減らさない」予防医療へ関心を持つようになる。 2020年からは「暮らしと仕事のコンサル(くらコン)」の前身のサービス作りから事業参画し、予防分野の重要性と療法士の可能性を強く感じる。
「夢や目標のために時間を最大化する」を理念に、個人事業(L:time)としてファイナンシャルプラン事業なども行っており、健康やお金の視点から人生やキャリアを考える支援をしている。
パラレルキャリアの中で、自身の「時間を最大化」することで療法士業界の発展と地域課題解決に向けて邁進している。

大学教員、医師、保健師、療法士など様々な分野のプロフェッショナルと連携

産業分野研究

  • 足野正洋
    (出雲市民リハビリテーション病院 リハビリテーション科)
  • 石田修平
    (島根大学医学部附属病院 リハビリテーション科)
  • 陣内裕成
    (日本医科大学 公衆衛生学)
  • 奥山健太
    (ルンド大学 公衆衛生学・疫学 プライマリヘルスケアセンター)

リハビリテーション教育研究

  • 久野真矢
    (県立広島大学 保健福祉学部 作業療法学科)
  • 仲田奈生
    (作業療法学科教員)
  • 青木竜太朗
    (作業療法学科教員)

地域課題解決型授業「CBRプロジェクト」

  • 三川真生
    (神奈川県:理学療法士)
  • 森脇守
    (島根県:保健師 他)
  • 神谷茉由
    (愛知県:保健師 他)
  • 新田大貴
    (福井県:保健師 他)
  • 浅沼里美
    (島根県:保健師 他)
  • 落合孝行
    (島根県:地域おこし協力隊)
  • 濱田慶仁
    (島根県:松江市役所職員)

OUTLINE企業概要

名称 株式会社Canvas
所在地 本社:島根県松江市古曽志町716 支社:島根県雲南市木次町里方366
電話 080-9797-4582
事業内容 ○行政・企業・地域団体・個人に対してのヘルスケアサービス業務
○医療・保健に関する情報の収集・処理サービス及び情報提供サービス業務
○医療・保健に関する営業、調査、マーケティングの支援
○医療・保健に関する行政・企業・地域団体・個人に対しての研究調査業務
○医療・保健関連人材の育成、能力開発のための教育及びコンサルティング業務
○医療・保健関連人材に対する研修、セミナー、講演会、講習会等の各種催事の企画、立案、実施、運営及びそれらに関するコンサルティング業務